wodanの闘争

アクセスカウンタ

zoom RSS 臨床検査技師国家試験対策の奥の手

<<   作成日時 : 2009/08/25 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

もう今から10年くらい前だと思う。
私が国家試験に合格した年はもう忘れてしまった。

臨床検査技師国家試験は
ある意味何も変わっていない。

毎年毎年同じ類の問題ばかりだ。
9月・10月・11月は私自身過去10年分の問題を解いていたから
今の学生も過去五年がクリアできたら
過去10年すなわち私が受験した頃と同じ
問題を解いてもいい頃だろう。

当時MRIを検査技師が撮影しても
よくなったため
MRIからも出題があるということで
勉強もした。
今もおそらく同じだろう。

臨床検査技師試験の欠点は
現在の機器や測定法を出題するべきなのに
すでにどんな医療機関でも
使われていない方法が
問われたりすることだ。

しかし、それでも解けないと
国家試験に受からない。
無駄なようだがやるしかない。
そうなってくると過去問というのは非常に
貴重である。

だが、覚えることは当然年々増えてくるから
絶対にわかっていなければならないことは
優先順位として上位にならざるを得ない。

当然覚えるには効率が要求される。
語呂合わせもうまく活用する必要がある。

臨床検査技師国家試験対策 語呂合わせつき

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
臨床検査技師国家試験対策の奥の手 wodanの闘争/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる