wodanの闘争

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄。。。

<<   作成日時 : 2012/02/29 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年沖縄に行っていたが
去年は職が変わったこともあり
行けなかった。
医療関係の仕事のため
普段はものすごく緊張しまくっている。
沖縄の夏は
そんな緊張を完全に取り払ってくれる。
あの暑さ、ゆっくりした時間。
そして、とても長い昼。
なかなか夜にならない。
緑と青と白の世界。

道路も関東とはかなり違う。
車も新車はあまり走っていない。

方言。。。
正直言って何を言っているのかよくわからない。
特に酔っ払うと方言で
話されるので全くわからない。
異国にいるようだ。

数年前から
琉神マブヤーが
沖縄で流行っていた。
特撮ものだ。
これは映画化され
都内で公開もされたほどだ。
インターネット上でも
有料コンテンツで見ることができる。

この作品。
沖縄を舞台に
沖縄の文化を守るために
主人公が戦っていく。
これだけ地方に特化した
子供向けの作品はあまり多くない。
沖縄だからこそ
ここまで練り上げることができたのではと
思う。
沖縄出身のかみさんは
このドラマの方言は
ちょっと特殊だと言う。
古い方言を若い人の言葉と
アレンジしてより沖縄らしさを
強調させているのだそうだ。

だが、そこまで醸成した
作品だからこそ価値があると思う。
最近はTokyo MXでも
放映されているので
首都圏の人たちで
見始めた人もいると思う。

とても面白い作品だと思う。
それは大人が見ても
考えさせられることがあり、
また、こどもが見たら
きっと喜ぶだろう。
小学校1年生の息子は
毎週土曜日の放映時間を
楽しみにしている。

DVDも販売されているので
ぜひまとめて見てみてはいかがだろう。

今沖縄では
方言が失われてきているために
小学校でも方言を取り入れた授業を
行ったりしているが
マブヤーも方言を教えるのに
親がこどもの視聴を推奨している家庭が多いらしい。

沖縄方言は上古の大和言葉に
非常に近いらしい。
これは今から35年くらい前に読んだ
本に書かれていた。
もし、沖縄の言葉を
聴いてわからなかった場合には
文字で書いてもらうと
ぴんとくることが多い。
また、意外と漢字語が多い。
まるでカタカナの外来語のように
聞こえるが音に対応する漢字を見ると
母音が変化しているだけなんだと
感心させられるのだ。

言葉は生きている。
だから、関東の言葉が
標準語になってしまい、
沖縄の言葉は非常にかけ離れた
言語のように感じられるのだが
上古時代に繋がっていたと思うと
より近いものに
感じられるだろう。




琉神マブヤー [DVD]
バップ
2011-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 琉神マブヤー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



琉神マブヤー2(ターチ) [DVD]
バップ
2011-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 琉神マブヤー2(ターチ) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



琉神マブヤー外伝  SO!ウチナー(2枚組) [DVD]
バップ
2011-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 琉神マブヤー外伝  SO!ウチナー(2枚組) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






日本語の成立 (1978年) (講談社現代新書)
講談社
安本 美典

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本語の成立 (1978年) (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄。。。 wodanの闘争/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる